スポンサーリンク

MHWアイスボーンで調整されるスキル解説

mhwアイスボーンでは、既存のスキルの一部に調整が入ります。

調整されるスキルで代表的なものは、
整備
防御
属性攻撃
見切り
会心撃
などは上方修正が入ります。

無属性強化
業物/弾丸節約
挑戦者
弱点特攻
渾身
などは、発動条件や効果が減るので、下方修正と言って良いでしょう。

この記事では、mhwアイスボーンで調整されるスキルを、

強化されるスキル

弱体化されるスキル
に分けて紹介していきたいと思います。

スキルによっては、スキル構成を考え直したほうが良いものもあるので、
参考にしてみてください。

調整されるスキル

上方修正スキル

  • 防御
    スキルレベルが3以上になると装備中の防具の防御力に、スキルレベルの倍率をかけて、防御力をアップさせます。


    レベル3以上だと、防御力が高ければ、それだけ防御力が大きく上がる仕様になるので、防御力を格段に上げられます。

    今までよりも有用性が高まって強いスキルになりました。


  • 見切り
    スキル効果が上昇しました。

    ()内はmhwにおける会心率
    lv1 5%  (3)
    lv2 10%  (6%)
    lv3 15%  (10%)
    lv4 20%  (15%)
    lv5 25%  (20%)
    lv6 30%  (25%)
    lv7 40%  (30%)


    見切りは、条件がなく常に会心率が上がるので強力ですが、見切りスキルだけで、最大で会心率40%を確保できるようになりました。

    今後は渾身や挑戦者よりも使えるスキルと言ってもいいかもしれません。

見切りlv7で40%、弱点特攻lv3で50%、渾身で10%
といった具合で、簡単に会心率100%を実現できます。

  • 整備
    ()内はmhw時点での効果
    lv1 10% (5%)
    lv2 20% (10%)
    lv3 30% (20%)
    スキル効果が上昇しました。


    mhwでは、スキル効果が低く、
    レベル3にしないと強くないこともあって、後回しにしがちでした。

    アイスボーンでは、レベルが低くても、スキルの恩恵を受けやすくなったので、防具のスロットが余っている場合には優先で付けてもいいと思います。


  • 各種属性攻撃強化
    スキルレベル6が追加。

    lv1 属性値+30
    lv2 属性値+60
    lv3 属性値+100
    lv4 属性値+100 属性値1.05倍
    lv5 属性値+100 属性値1.1倍
    lv6 属性値+100 属性値1.2倍

    mhwアイスボーンでは、属性の上限が上げられたため、属性攻撃の戦いが強くなります。

  • 会心撃[属性]
    会心が発生した攻撃は、モンスターに与える属性ダメージが今までより高くなります。

    アイスボーンでは、各武器で属性攻撃が強くなる調整が入るので、ある程度の会心率があれば、強いスキルになります。

  • 会心撃[特殊]
    「大剣」「ハンマー」「狩猟笛」「ヘヴィボウガン」
    上記4種類の武器における、
    会心が発生したときの与える状態異常の値がさらに上昇します。

  • ひるみ軽減
    操虫棍のエキス3種類を揃えていれば、ダメージアクション軽減の効果がさらに強化されます。


  • 剛刃研磨
    スキル効果が解除されるときに、点滅表示で知らせてくれるようになります。
    スキル効果自体には変更点はありません。

  • 水場深雪適応
    水場と同じ効果を深雪でも得られる。
    (水場と深雪の移動速度ダウンを受けない)

  • 飛燕
    ジャンプ攻撃の威力がさらに高くなる。
    空中攻撃主体の操虫棍は、これまでより強くなります。


  • 気絶耐性
    lv1 30%→ 60%
    lv2 60%→ 90%
    に上方修正されました。 
  • 腹減り耐性
    lv1 30%→ 50%
    lv2 60%→ 100%
    になります。

  • 属性やられ耐性
    lv1 30%→ 50%
    lv2 60%→ 75%
    に効果が上がります。

  • クライマー
    スキルの効果が25%から、50%に上昇し、
    クラッチ中にも、同じ効果を得られるようなりました。
  • アイテム使用強化
    効果が延長するアイテムの種類が増えます。
    鬼人の粉塵
    硬化の粉塵
    ホットドリンク
    クーラードリンク
  • こやし名人
    スリンガーこやし弾をモンスターに当てた時に、さらに逃げやすくなります。
  • 潜伏
    プレイヤーを、より見失いやすくなります。
  • 砲撃手
    lv1 1.5倍 ←1.1倍
    lv2 2倍  ←1.2倍

    スキル効果が大幅に上昇しました。
    大砲をよく使う相手には、とても強力なスキルになります。
    ゾラマグダラス等の相手には、今までよりも、優先度が高いスキルに。

  • 防御力DOWN耐性
    lv1 30%→ 50%
    lv2 60%→ 75%
    に上昇修正。

  • 滑走強化
    発動しやすくなり、効果時間が長くなる。
    ハンマーは、坂での戦闘は強力で、スキルが長く使えるようになったのは朗報ですね

  • 昆虫標本の達人
    小型モンスターの、はぎ取れる状態で残る確率が上昇。
  • スタミナ奪取
    lv1 1.1倍→ 1.2倍
    lv2 1.2倍→ 1.3倍
    lv3 1.3倍→ 1.4倍
    にスキル効果が上がります。
  • KO術
    lv1 1.1倍→ 1.2倍
    lv2 1.2倍→ 1.3倍
    lv3 1.3倍→ 1.4倍
    気絶しやすくなります。
  • 環境利用の知識
    綿胞子草、氷耐草などの環境を利用したとき、体力が追加で回復。
    lv1 20→ 50回復
    lv2 35→ 80回復
    lv3 60→ 100回復
  • 閃光強化
    閃光の発生範囲が強化。
  • 毒ダメージ強化
    効果が効いている時間が、長くなります。

  • 毒耐性
    毒の時間が短くなる効果から、
    毒ダメージを受ける間隔が長くなるスキルに変わります。

    使用する感覚としては、あまり変わらないと思います。

上方修正されるスキルは多いです。
特に注目したいのは、

各種属性攻撃スキルの強化
整備
見切り
防御
です。


下方修正スキル

  • 弱点特攻

    ()内はクラッチクローで傷がついている状態
    lv1 10% (15%)
    lv2 15% (30%)
    lv3 30% (50%)


    クラッチクローを当てて、モンスターに傷を付けないと、スキル効果を得られないようになりました。


    クラッチクローを上手に使えなければ、今後は弱点特攻のスキルは活かせないです。
    クラッチクローに慣れていない最初のうちは、弱点特攻よりも「見切り」で常に会心率を上げたほうが良いかもしれません。

    クラッチクローを使った戦いが可能なら、今までと同じ効果で戦えます。


  • 無属性強化
    攻撃力上昇値が、1.1倍から
    1.05倍に調整されます。


    mhwでは、「無属性強化」を付けた無属性武器が強く、属性武器がほとんど使われない状態でした。
    アイスボーンでは、属性武器が強くなるように調整されるので、無属性強化スキルの効果が半減しています。


    調整は入っても、もともと物理威力が高い大剣などは、無属性強化でも強いと思います。
  • 渾身
    lv1 5秒維持で発動。会心+10% 2秒間効果が続く
    lv2 5秒維持で発動。会心+20% 3秒間効果が続く
    lv3 5秒維持で発動。会心+30% 3秒間効果が続く
    lv4 5秒維持で発動。会心+40% 4秒間効果が続く
    lv5 スタミナ満タンで即発動。会心+40% スタミナ切れで効果が切れる


    スキル発動条件が追加されます。
    回避などでスタミナ消費していると発動しづらく、武器や人によっては、まったくスキルを活かせない可能性もあります。


    スタミナを上手に使えれば、今までと同じに使えます。

    スキルレベル5まで行くと、条件が一気に緩くなって、スタミナを切らせないなら強力スキルです。


  • 挑戦者
    会心率の効果が減りました。
    攻撃力の上昇率は変更なし。

    ()内はmhwの会心率
    lv1 5% (3%)  攻撃力+4
    lv2 5% (6%)  攻撃力+8
    lv3 5% (9%)  攻撃力+12
    lv4 5% (12%)   攻撃力+16
    lv5 10%  (15%)   攻撃力+20


    スキルレベルが上がっても、会心率が上がりづらくなったので、
    会心率のために付けていた場合は、他のスキルで上げましょう。

    スキルレベル1だけは、効果が上がったので、1だけ発動させるのは良いかもしれません。


  • 業物/弾丸節約
    ビン、弾が消費されない確率が減ります

    ガンナーにとって、強力スキルだった弾丸節約が、弱くなりました。
    弾数系を増やすスキルは、これからは装填拡張を付けるのがいいと思います。

    業物は、特に変更点はありません。
  • 火事場力
    lv1 攻撃1.05倍、防御15プラス → 防御50プラス
    lv2 攻撃1.1倍、防御20プラス → 攻撃1.05倍防御50プラス
    lv3 攻撃1.15倍、防御25プラス → 攻撃1.05倍防御100プラス
    lv4 攻撃1.2倍、防御30プラス → 攻撃1.1倍防御100プラス
    lv5 攻撃1.3倍、防御40プラス → 攻撃1.15倍防御100プラス


    攻撃力アップ率が減り、防御力を上げるスキルに変わります。

    最大レベルでも、攻撃は1.15倍とあまり上がらないので、攻撃を上げるために使っていた人は、違うスキルで攻撃力を上げるようにしましょう。

  • 不屈
    探索で、効果がずっと続いたものが修正され、

    発動時間が50分の制限時間が付きます。
    (下方修正というより、不具合の修正です)


    通常のクエストでは、何も効果に変更点はありません。
    50分以上探索することも、さほどないと思うので、影響は少ないと思います。

下方修正のスキルは、知っておいて損はないと思います。

渾身と弱点特攻は、条件が追加されたので、
戦いのスタイルや武器によっては、「見切り」で会心率を上昇させたほうが強いと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-モンスターハンターワールドアイスボーン
-

Copyright© テコトミの気になるブログ , 2021 All Rights Reserved.