スポンサーリンク

mhwアイスボーンの感想。MHWを持ってないならオススメ!

この記事では、mhwアイスボーンの感想を紹介しています。

プレイの感想

良かった点

悪い点

に分けて感想を紹介したいと思います。



mhwを買っていない人
mhwは持ってるけど、アイスボーンは買ってない人

向けに書いてあります。

MHWアイスボーンの感想

mhwアイスボーンは、簡単に言うと、過去作でお馴染みの、G級クエスト追加のmhwの完全版と感じました。

mhwの時点では、モンスターの種類が少なく、ボリュームが少し足りない印象だったものが
アイスボーンでは、新たなモンスターの追加で、豊富な種類になりました。


また、装飾品の追加、エンドコンテンツの追加によって遊べる内容が多くなったのも魅力です。

モンハンが好きな人にとっては、十分楽しめる内容だと思います。


しかし、mhwの時点で、不満を持っていたりした人は、見送って、次回作を待ってみるのもアリかもしれない、と感じました。
フィールドが追加されたとはいえ、2種類なので、mhwからボリュームがすごく増えたかと言われると、そうでもありません。

 

モンスターは、2倍近く追加されましたが、亜種の追加も多く過去のMH4GやMHXX並の量を期待していると
新規のモンスターや、復刻モンスターの量を見て、少ないと感じてしまいます。

 

mhw自体を買ってなくて、購入を考えている場合

mhwを持ってないなら、十分すぎるボリュームだと感じます。
悩んでいるなら、即買いでもいいと思います

 

「mhw」と「mhwアイスボーン」のセットになったものが、今ではps4の通常ソフトの値段で買えるので、
前作のmhwを買っていない場合だと得です

mhwは、モンハンの中でも、全世界に向けた、新規のユーザーが入りやすいように出来てるので、初めてでも大丈夫だと思います。1人ではクリア出来ないものがあっても、オンライン協力プレイでクリアできるのが、良いと思います。

アクションゲームに、あまり触れたことがない場合だと、ゲームが難しいと感じてしまう可能性があるので注意しましょう。
RPGやシュミレーションゲームをよくプレイする人は、慣れるのに時間が掛かると思います。

mhwは、フィールドは広いですが、オープンワールドゲームではないの注意しましょう。

また、モンハンには、アクションゲームによくある、難易度設定がないです。
難易度は、
下位
上位
マスターランク

と、ストーリーを進めると、だんだん難易度が上昇していくのが特徴です。
まったくの初めてで、マスターランクを進めていくのは、難しいと思うのでオンラインで手伝ってもらう必要が出てくるかもしれません。(一応ソロでも全クエストクリア可能です。)


 

mhwを買っていて、アイスボーンを買うか悩んでいる場合

一度考えてから、買うか決めるべきだと思いました。
mhwからの大きな変化は、

新モンスターの追加
フィールドの追加
新アクション

の3つだと思います。

新モンスターは、アイスボーンで28種類追加(2019年11月時点)です。新たなモンスターや、既存のモンスターのマスターランク難易度をやってみたいなら、魅力的だと思います。


新たなフィールドは、2種類あります。寒冷地とストーリー後に解放されるフィールドです。アイスボーンは追加コンテンツの位置づけなので、仕方ないですがフィールドの追加は少ないですね



各武器に新アクションが追加されたのも良いですが、クラッチクローが今作の楽しいところに感じました。

「クラッチクロー」は、モンスターにワイヤーで瞬時に張り付く、新アクションです。このアクションのおかげで、
戦略の幅がずいぶんと広がりました。アイスボーンの楽しさを増しています。

特に、過去作の、MHXXを遊んでいた人にとっては
モンスターの種類と、フィールドの種類が多くないので、ちょっと物足りないと感じてしまうかも知れません。
ちなみに、MHXXは約100種類のモンスター、mhwアイスボーンは約60種類です。

良い点

  • アクションが楽しい
  • やり込み要素
  • 新モンスター新フィールドが遊べる

・アクションが楽しい
各武器に新しいアクションが追加され、いろいろ試したりして、新モーションを駆使した立ち回りで戦うのが楽しいです。

 

全武器共通の新アクション、「クラッチクロー」ではモンスターの向きを無理やり変えさせたり、ぶっ飛ばして壁に激突させたりといったことが出来て楽しいです。モンスターに傷をつけて、ダメージを増加させることも出来ます。
特にぶっ飛ばしは、決まると気持ちいいです。

 

・やり込み要素
モンハンでは恒例の、勲章や称号はもちろんのこと、
調査クエストでの装飾品集めエンドコンテンツと武器のカスタム強化で、やり込み要素が豊富です。

イベントクエストも随時追加されているので、作りたい装備や収集要素で、長い間遊べると思いました

 

・新モンスター、フィールド

フィールドとモンスターの追加で、新しい戦い、新しい武器防具に触れることが出来るのは、魅力的で面白かったです。

悪い点

  • mhwをプレイ済みだとボリューム不足
  • パターンが一緒

・mhwプレイ済みだとボリューム不足


アイスボーンでは、今のところ、モンスター28種類、フィールドが2種類追加です。

過去作のG級の追加具合よりも、若干足りない感じがしました。

武器の種類が、mh4の「チャージアックス」「操虫棍」が追加されて以降、14種類から増えていないので、そろそろ増やして欲しいところです。

・パターンが一緒
マスターランクの装飾品が追加されたことで、レア度の高い装飾品の入手には結局は調査クエストの古龍を、何十回も回すことになるパターンになる。



さらに、ストーリーが終わった後に解禁される、エンドコンテンツを大量にやらないと、武器のカスタム強化ができない。
カスタム強化に使う素材は、入手確率も低いものもあるので、同じモンスターを狩り続けないといけなくなる。

 

そのため、やり込むプレイヤー以外は、好きな武器のカスタム強化が出来る前に、飽きる可能性がとても高いと感じました。
調査クエストとエンドコンテンツは、好き嫌いが人によってあると思います。

 

スキルにおいても、強いスキルは変わらないので、代わり映えしないです。
最終的には、mhwと同じようなスキル構成になると思います。

弱点特攻、超会心、見切り、挑戦者、達人芸、を付ける感じになると思います。

細かいシステムの悪い点

アップデートの調整が、そこじゃない感。

プレイヤーにとって有益な不具合はすぐ修正
早く治して欲しい不具合は調整が遅い
という状況が多いです。

 

mhwアイスボーンのきつかった修正は、
トレーニング場で配置物を変更することで、探索の出現モンスターを瞬時に変えられることを修正されたことです。これが出来なくなったことで、運が悪いと、戦いたいモンスターが探索にずっと出ないことが多くなりました。

 

一方で、エンドコンテンツの仕様が、特徴的で難しく、悪質なプレイヤーが発生しました。その後に修正が入りましたが、遊びやすくなったといっても痒い所に手が届いていないので、イラっとすることもあります。

 

・モンスターの合流が多い
モンスターの合流がとても多くて、イライラする。
ひどいときは、邪魔なモンスターにこやし玉を当てて、エリア移動させても、
2~3分でモンスターがまた乱入する。

 

オンラインで、こやし玉を持たないパーティーだと、狩猟にすごく時間がかかると思います。

 

mhwでは、バゼルギウスが異常なほど乱入しましたが、今作では、イビルジョーの乱入がとても多いです。イビルジョーはこやし玉を当てないと、とことんついてきます。

 

クラッチクローが思うように機能しない
クラッチクローを、しっかり狙ってモンスターに当てても、判定が変なことが多いです。

 

例えば、モンスターの右側に張り付きたいときに、左に張り付いてしまうことは頻繁に発生します。ひどいときは、頭に当てたのに尻尾判定になることもありました。

緊迫した状況下でこの不具合が発生して、スタミナ切れなどで、
力尽きるまでに追い込まれることもありました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-モンスターハンターワールドアイスボーン
-,

Copyright© テコトミの気になるブログ , 2021 All Rights Reserved.