スポンサーリンク

ホライゾンゼロドーンの感想。オープンワールドの中でも凄いゲーム

この記事では、ps4のオープンワールドゲームホライゾンゼロドーン」の感想を紹介しています。

 

プレイ時間は75時間ほど、
ストーリーを2週クリア
して思ったことを、書いています。

 

ネタバレは無いので、安心してください。

 

ホライゾンゼロドーンの感想

ホライゾンゼロドーンは、ps4のオープンワールドでも凄く良く出来ているゲームでした。

 

アクションストーリー映像、とどれを考えても整っている作品だと思いました。

ps4で何かソフトを買うならホライゾンゼロドーンだとオススメできるゲームだと思います。

 

もう数年前のゲームなので、今では、ダウンロードコンテンツ込みで3000円以下と、安く完全版が買えるのも魅力ですね。

 

気になったのは、

難易度が若干高めなのと、
若干ゲームの説明が少ないところ
でした。

 

ホライゾンゼロドーンは、よくモンスターハンターに似ていると言われていますが、
ハンティングしたり、素材集めをしたり
と、確かに類似点が多かったです。

 

モンハンとホライゾンゼロドーンの違うところは、

オープンワールド
隠れながら戦う要素
人とも戦う

などです。

 

特に、敵の機械獣と、隠れながら戦っていくスタイルは、ホライゾンゼロドーンの特徴だと思います。

 

良かった点

・映像がキレイ
・アクション要素が楽しい
・ストーリーが良い

  • 映像がキレイ

ホライゾンゼロドーンの特に良いところだと思います。

 

草原や山、湖、雪山など、いろんな場所の景色を楽しめると思います。

 

また、ホライゾンゼロドーンでは、画面を保存する機能があって便利です。

綺麗な景色の場所で、撮影していくのも1つの遊びになると思います。保存した画像は、後からps4の壁紙に設定できるのが良かったです。

 

  • アクション要素が楽しい

ホライゾンゼロドーンでは、主人公のアーロイが使える武器が多かったり技が多かったりと、アクション要素は豊富で楽しいと思います。

同じ敵でも違った戦い方で楽しめます。

 

武器は、槍、弓が基本です。

弓にもいくつか種類があって、使い分けたり、

他にも爆弾、トラップを仕掛ける、拘束武器、連射武器、放射武器などいろんな武器を扱えました。

 

また、主人公にはレベルがあり新しいアクションを追加で習得できます。新アクションで、戦略の幅が広くなっていくのが良かったです。

 

変わった戦い方で、敵の機械獣をハッキングして味方にするのも楽しいです。

ハッキングすれば、機械獣に乗って移動したり、戦わせたり出来ます。

 

機械獣に戦わせて、武器を使わない戦いは、面白かったです。

特に大型の機械獣同士の戦いは、迫力が凄かったです。

 

  • ストーリーが良い

アクション要素や、ハンティングが魅力的ですが、
ホライゾンゼロドーンは、意外とストーリーが良く出来ています

ネタバレは無しなので、内容は省きます。

 

悪かった点

・難しい
・回復アイテム集めが大変
・操作が複雑
・システムが分かりづらいところがある

  • 難しい

ホライゾンゼロドーンは、敵が強く、操作が難しいことも相まって、難易度が高めのゲームでした。

 

ある程度アクションゲームに慣れていても、難しいと感じてしまう可能性は高いです。

難しすぎて序盤で無理ってなる人もいるかもしれません。ホライゾンゼロドーンでは、ストーリーの途中でも難易度を変更できるので、難しい場合は難易度を下げるのも良いと思います。

 

ストーリー中盤に出てくる敵が、後半に出てくる敵より強かったり

特定の敵が異常に強すぎたりという場面がありました。

ホライゾンゼロドーンは、ちょっと敵のバランスが悪いかもしれません。ただやりごたえはありました。

 

矢や爆弾などは、弾数を気にしながら戦う場面も多いので、アイテム管理が大変なのも難しいと感じました。

 

  • 回復アイテム集めが大変

ホライゾンゼロドーンでは、回復アイテム集めを、頻繁にすることになると思います。

 

ストーリー序盤でも終盤でも、回復アイテムを所有できる量が少なく
難しい戦闘の後は、ほとんど回復アイテムがない状況に…

 

ホライゾンゼロドーンには、大きく分けて回復アイテムは2種類あります。

1つは「回復薬」で、敵が落としたり調合などで入手しやすいのですが、

 

もう1つが草で、集めるのが大変でした。

この回復用の草は、フィールド上で落ちてるのを拾うしかありません。店で買ったり、敵から入手が出来ません。

拾える量が少なく、頻繁に、集めに行く必要がありました。この草集めに、けっこう時間を割くことになります。

 

  • 操作が複雑

ホライゾンゼロドーンは、ps4のコントローラーの、ボタンのほとんど全てを使って戦闘をするので、操作に慣れるのに凄く時間がかかりました。

 

槍などの近接攻撃や、弓での遠距離攻撃を上手く使い分ける必要がありますどちらかに偏って上手い下手があると、ホライゾンゼロドーンは、ストーリーを進めるのに苦労してしまします。

 

特に弓の扱いは、どの場面でも重要になると感じました。

 

また、ストーリーが進んでいくと、
武器の種類や
新しいアクションを取得していくので、

どんどん操作が複雑になっていきました。

 

  • システムが分かりづらい部分がある

特に気なったのは、セーブしたデータは、ロードしたデータに上書きされず、別のセーブデータとして保存されるのが、分かりづらかったです。このシステムによって、次にゲームを起動したとき、セーブデータの数が数十個になっていました

 

逆に、直前にセーブしたデータよりも、前の箇所からやりたいときは、ありがたいシステムでした。

 

トロフィーについて

DLC含めて、ホライゾンゼロドーンのトロフィーコンプリートは、楽ではないですが、達成しやすいゲームだと思いました。

筆者は、プレイ時間75時間のストーリー2週で、dlc込みトロフィーコンプリートでした。参考までに

 

オンライン要素のトロフィーは無いです。

 

 

トロフィーで大変なものはいくつかあります。

狩場と呼ばれるトレーニング場のトロフィーは難しいと思います。
時間制限内で、強い敵を倒したり、条件付きのトレーニングをやらされます。

 

収集系アイテムは、探すのが大変です。収集系アイテムは地図を入手できるので、ある程度の場所は分かります。しかし、大雑把な場所しか分からないので、自力で探す必要があります。収集系トロフィーはプレイ技術関係なく時間がかかります

 

難関トロフィーは、最高難易度のクリアでした。これは、プラチナトロフィーとは関係ないですが、全てコンプリートしたい場合は、やる必要があります。

最高難易度で、クリア出来ない同じボス戦を何回もやるのは、嫌になるかもしれません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ps4
-

Copyright© テコトミの気になるブログ , 2021 All Rights Reserved.