スポンサーリンク

Googleアドセンス審査に必要なこと!開設一ヶ月で受かりました

この記事では、Google AdSenseについて必要なことを紹介しています。
グーグルアドセンスは、
独自ドメイン・プライバシーポリシー・いくつかの記事があれば、審査の合格は可能です。

筆者は2019年5月4日にサイトを開設。
2019年6月4日に初めての審査で合格しました。

記事数も低くて、更新頻度も低かったのですが、1回目の審査で受かりました。
記事数は9つ。
記事ごとの文字数は2000~6000文字(記事によってバラバラ)でした。
更新は3~4日に一度くらいの更新で申請。

Google AdSenseのサービスを受けようかと考えている方は参考にしてみてください。

Google AdSenseって何?

Google AdSenseは、グーグルが提供している広告サービスです。

自身のサイトに広告を貼ることで広告収入を得ることが出来ます。
アドセンスは、広告がクリックされたら報酬が派生するクリック報酬型の広告です。

クリックするだけで成果が発生するので、アフィリエイトよりも報酬が発生しやすいのが特徴です。

サイトを持っていれば誰でもサービスを受けられ、費用もかかりません。簡単にサービスを受けられるのでとても人気です。

アドセンス広告は、自身のコンテンツの内容に沿った広告が表示されます。

例えば映画の記事なら、映画に関連する広告が自動的に表示されるので、サイトに訪れたユーザーが興味を持ちやすいです。

サービスを受けるには、Googleの審査を受けないといけません。
審査は一般的に難しいと言われています。

審査基準は明かされていないので、これをすれば確実という必勝法はありません。ネットで検索すると、「何回も落ちた」という声も存在します。

アドセンス広告を貼るまでの流れ

Googleアドセンスでアカウント作成
Google AdSenseから、自分のサイトURLとメールアドレスを入力してアカウントを作成。
住所と電話番号を入力して送信します。

アドセンスの審査用コードをサイトに貼る
アカウント作成後、「サイトをAdSenseにリンク」のページになります。
ページで表示されているコードをコピーし、
自身のサイトの、hesdタグと/headタグの間に貼り付けます。

ワードプレスの編集項目「外観」→「テーマ編集」→右メニューの「テーマヘッダ」ーファイルの内容から<head>を探して、<head>の下にコードを貼ります。

Google AdSenseの審査完了
自身のサイトに審査コードを貼った後は、アドセンスのサイトに戻ります。
「サイトにコードを貼り付けました」をチェックして完了。

審査結果のメール
アドセンスへの申請が完了すると、数日後に審査の結果がメールで送られてきます。
私は2019年6月3日の朝に申請して、翌日(6/4)の夜に審査通過のメールが届きました。

審査用コードの削除
アドセンスの審査を通過した場合は審査コードを消しておきましょう。

基本的には残っていても大丈夫だと思いますが、審査用コードが残っていると、予期せぬ場所に広告が表示されてしまう可能性もあります。

広告を貼る
審査に通過したらアドセンス広告をサイトに貼っていきましょう。

審査に必要なこと

・独自ドメインの取得
Googleアドセンスは、2016年から無料ブログで審査が受けられなくなりました。なので、基本的には独自ドメインを取得して申請する必要があります。

無料ブログでブログを運営している方や、ブログを始めようと考えている方は、独自ドメインを取得してワードプレスでブログを運営しましょう。

独自ドメインとは、サイトのページのhttp~~のことです。独自ドメインは自分のサイトになるので、http以降の部分は自分の好きなように設定できます。


独自ドメインは、基本的にオリジナルドメイン取得サービスで取得します。
このオリジナルドメインは、取得するために登録料金がかかります。料金は1円~1200円(年間)程度です。

プライバシーポリシー

Googleアドセンスは、プライバシーポリシーをサイトに置くことが必須となっています。
サイトの固定ページでプライバシーポリシーを作成しましょう。

アドセンスプログラムポリシー

アドセンスプログラムポリシーに違反しないようにしましょう。
このポリシーは守らないと審査にはまず通らないと思ったほうがいいです。

特に気をつけたい違反事項

  • 無効なクリック
    サイト運営者(自分)が、自分の貼った広告を自らクリックして作為的にクリック回数を増やすことは禁止です。

  • クリックを促す
    サイト訪問者に対して、クリックを促すように表示させたり、不正な行為をしてはいけません。

  • コンテンツポリシー
    「成人向けのコンテンツ」「衝撃的な内容」「誰かを攻撃するような内容」「違法性のあるコンテンツ」などがあります。

  • 著作権保護のコンテンツ
    著作権が保護されているコンテンツを含んでいると、Googleの広告を置くことが出来ません。
    アドセンスプログラムポリシーの中でも一番違反する可能性が高いと思います。

    特に忘れやすく、やりがちな著作権違反は画像です。
    違反しやすい著作権画像は、有名人と芸能人の画像や、広告でない商品画像、作品の写真などです。

    著作権保護の画像を元に、自分が加工する「二次加工」なども禁止なので、画像の使用には十分気を付けてください。

    著作権に違反しないために、画像を使いたいときはフリー素材を使うのがいいですね。

気をつけたいこと

ユーザーに価値あるコンテンツを作りましょう。
Googleは、訪問するユーザーにとって価値が低いと判断されると承認されません。
価値がないサイトと判断されて審査落ちするのは、グーグルアドセンスの審査落ちの中でも多い理由です。

1.サイトの投稿ページ

コンテンツが極端に少ない」「特定のページがエラーになる」「ほとんど文字も何も書かれていないページ」「画像のみのページがある」投稿されたページにこれらのものがあるとサイトに価値がないと評価されてしまします。


意外と忘れやすいのは、リンクエラーと言われるサイト内のリンク先のページがないことです。
例えば、サイトのカテゴリーなどで表示されている項目をクリックしたらページがないことです。

他のサイトからコピーしている内容があるのは絶対ダメです。
サイトは独自のものを作成するようにしましょう。

2.価値のあるサイトを作る。

投稿するページは、できるだけユーザーが満足するように作ることを心がけましょう。

ユーザーに価値のあるコンテンツとは
サイトが・簡単・独自性がある・ユーザーに分かりやすいです。

  • サイトが簡単である
    ユーザーが簡単に見れるサイトでないといけません。
    サイトに訪れたユーザーが操作しづらいようにわざと設定したり、不正なものをサイトに入れたりするのはやめましょう。

  • 独自性
    サイトに独自性があるのは、特に重要です。
    他のサイトと同じような内容でも、コピーをしていなければ大丈夫ですが、グーグルからあまり良い評価を得られません。

    他のサイトにないような、独自性があるサイトなら、評価が高くてアドセンス審査に通過しやすくなると思います。

    サイトの独自性は、アドセンスの審査だけでなく、サイトの訪問者を増やしていくうえでも重要なので、自分なりの個性のあるサイトを作っていきたいですね。

  • ユーザーに分かりやすい
    ユーザーにとって分かりやすくサイトを作っていく事も必要です。
    サイトのページは、誰が見てもわかりやすくしましょう。

    各記事では、見出しをつけて、本文は色を付けて見やすいものにしたいところ。画像を入れて、視覚的に魅力をつけるのも良いですね。

    記事内容は、サイトに訪れた方が、参考になったり、悩みが解決するようなものを作成して、ユーザーが見て「よかった」と思えるようにサイトを作っていきましょう。

アドセンス審査までにしたこと

グーグルアドセンス申請時のサイトの状況

サーバー エックスサーバーを利用
ドメイン エックスドメインで取得

記事数 9つ
文字数2000~6000(半分の記事は2000字程度)

固定ページを3つ作成
(運営者プロフィール、プライバシーポリシー、問い合わせページ)

画像はフリー素材を利用。基本的にアイキャッチ画像に使用しました。
グーグルアナリティクス、グーグルサーチコンソール設置
アフィリエイト未登録

記事

アドセンスに申請するまでに、記事を9つ作成しました。
更新頻度は2~3日に一度でした。5日ほど更新が空いてしまったときもありました。

記事の文字数は、最低でも2000字は越えるように作成しました。

投稿した記事の半分は2000字前後でした。
文字数の多い記事もいくつか作成して、5000字~6000字程度の文字数でした。

記事内の画像は、使い方に慣れていないこともあって、ほとんど使用しませんでした。
アイキャッチ画像は、全ての記事で貼りました。
基本的に画像は、著作権に関係のないフリー画像を使いました。

固定ページ

アドセンス申請までに、サイトの固定ページを3つ作成しました。
プロフィールページ、問い合わせページ、プライバシーポリシーを作成しました。

プロフィールは数行程度の簡単なものを作成しました。
簡単なものでも大丈夫だと思うので、プロフィールページは作成させていたほうが良いと思います。

問い合わせページは、サイトを運営していくうえで必要になると思ったので、作成しました。

プライバシーポリシーは、Googleアドセンスに申請するにあたって必須のものなので、作成しておきましょう。

「プロフィール」
「プライバシーポリシー」
「問い合わせ」
の3つの固定ページは、アドセンスの審査だけでなく、サイト運営をするのに必要なので、作成しておきたいページです。

グーグルアナリティクスとサーチコンソールの登録

アドセンスの審査自体には直接的には関係ないと考えられますが、
GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールに登録しました。


まだほとんど使用していませんが、いずれアクセス解析を行いたいと考えていたので、審査前にとりあえず登録していました。
無料で利用できるので、登録して損はないと思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ブログ
-

Copyright© テコトミの気になるブログ , 2021 All Rights Reserved.